折れない心

何度も敗北を味わってきた筆者が挫けずに試験勉強や語学を頑張ります。現在は資格試験(英検1級、TOEIC)対策も含めて英語の勉強に取り組んでいます。

ネットワークスペシャリスト試験 その3 教材揃えました

平成28年度のネットワークスペシャリスト試験の過去問(午後I + 午後II)の問題を解いてみてYuubariはこのように感じました。
「これは相当しっかりネットワークスペシャリスト試験の過去問(午後)に取り組んでネットワーク技術の理解を徹底的に深めないと合格できない」(´·ω·`)

 

午後Iはともかく午後IIの後半の設問(問4や問5)はYuubariの乏しい理解力にはとても難解なのですが、いまの段階だとネスぺシリーズの解説をじっくり読んでもわかったような・わからなかったようなといういまいちな理解度です(@_@;)


幸いにも10月の本試験までまだまだ時間はまだあるので、できる限りネットワークスペシャリスト試験の過去問に取り組むことに決めました。

 

(過去問の解説本について)
他の高度試験と同じくネットワークスペシャリスト試験も過去問集は数年分が1冊にまとまった形で出版されていますが、比べてみると解説のわかりやすさ・丁寧さはネスぺシリーズが歴然に秀でているのでここは出し惜しみせず過去のネスぺシリーズを全て揃えました。

f:id:yuubarix:20200310225534j:plain

いまのところ出版されているネスぺシリーズは剣(25) 道(26) 礎(27) ネスペの基礎力(28)、魂(29)知 (30)の6冊。

一冊あたり2500円超なので結構な出費になりましたが、ここで惜しんではいけない解説書だと感じ、思い切って全冊購入しました。


※おそらくネスぺシリーズの令和元年(2019年)の試験版は今年の夏~秋頃に左門さんが出してくれるのではないかと思います。

<追記>ネスペR1(2019年過去問対応)は2020年3月27日に発売されるようです。

昨年度(令和元年)の過去問も解くつもりなので出たらもちろん購入予定です。

 

上記の6冊のネスぺシリーズを使って6年分のネットワークスペシャリスト試験の過去問に取り組むだけでもかなり時間はかかると思いますが、今回は本気で取り組むつもりなので絶版になっている過去のネスぺシリーズ(ネスぺ21, ネスぺ22,ネスぺ23)も某オンライン書店から取り寄せました。

※ネスぺ24は存在しないようです。

f:id:yuubarix:20200310223758j:plain

この旧版の3冊は左門至峰さんが現在のペンネームを使う前に書かれた本のようです。

 

さらに過去問を解きつつリファレンスもできる教科書的な本もほしいと思い『ネスぺの基礎力』を買いまして既に2周読みましたが、もう少しボリュームのある教科書が無いかと探していましたら左門至峰さんがこちらの本を出してくれていました。

 書店に無かったのでこちらも某オンライン書店から取り寄せました。

 

ちなみにネットワークの教科書といえば『マスタリングTCP/IP』も良著と評判が高いので書店で手に取ってみました。

確かに解説は丁寧でわかりやすそうでしたがちょっとアカデミックな印象を受けまして、説明表現が固い本が苦手なYuubariは読んでいて眠くなりそうなので教材として『マスタリングTCP/IP』は選びませんでした。

 

(今回は思い切りました)
過去の失敗経験として、Yuubariは資格試験を受けるにあたってたくさん参考書を使ってどれも中途半端になり失敗してきたという苦い記憶を持っています。


それ以来試験勉強ではあまりたくさんの参考書を買いそろえないで購入した同じ問題集を繰り返し周回しているのですが、今回に限っては時間もモチベーションも豊富にあるので出し惜しみせずネットワークスペシャリスト試験用の本をたくさん購入してしまいました。

 

これで十分に教材は揃いました。
あとは地道に頑張るだけです(´∇`)

 

今までどの試験も真剣に取り組んできたつもりですがこの試験は一層時間も熱意も傾けたいです。