折れない心

何度も敗北を味わってきた筆者が挫けずに試験勉強や語学を頑張ります。現在は資格試験(英検1級、TOEIC)対策も含めて英語の勉強に取り組んでいます。

ITILファンデーション試験を受けてきました

先日ITILファンデーションを受けてきました。

 

この試験を受けることになった経緯は以前書いた通りですが、試験を受けるまでに大体準備期間は一ヵ月くらいかけました。

 

さて結果ですが・・・・満点でした\(^o^)/

 

f:id:yuubarix:20190613231903j:plain

ITIL result

6割(40問中24問)で合格の試験でしたが、結構真剣に対策したので1問も落とさず合格することができました。

およそ資格試験で満点で合格するのは今までも、そしてこれからもYuubariには無いでしょう。

とはいえ、決して無勉強で受かるような簡単な試験ではありませんでした。

 

Yuubariは一ヵ月の対策期間で以下のような対策を取りました。

 

①黄色本(翔泳社刊の公式テキスト「IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション」)をざっと読む。※記載されている問題は目を通す程度

Ping-t の問題ですべての問題が「金」になるまで問題演習を繰り返す

③クラムメディアの問題を周回して漏らさず正解できるようにする

④仕上げに黄色本をもう一回読み直す。

 

勉強をはじめてわりと初期に「これ以上やらなくても受かるだろうな」という手ごたえはありましたが、何しろ受験料が高額だったので意地でも高得点で合格したく頑張りました。

それと目的が合格そのものというよりITILのノウハウ習得にあったので妥協はしたくありませんでした。

正直合格した喜びはそこまでありませんが、ITILの全体像がつかめたというのは10月のITSM(ITサービスマネージャ試験)に向けてよい糧になったかと思っています。